大学生がプログラミングで稼げる月収の目安と稼ぐための手順を解説

大学生がプログラミングで稼ぐ

近頃よく「プログラミングで稼ぐ」といったような話を耳にすると思います。

大学生でこのような疑問に思っている人に向けて、この記事ではその方法とどのくらい稼げるかについて紹介していきます!

筆者自身も、大学生のうちにプログラミングを習得し、プログラミングスクールでメンターをしているため、その経験を交えて紹介したいと思います。

大学生限定プログラミングコミュニティGeekSalon

GeekSalon
  • ゼロから3ヶ月でオリジナルアプリを開発!
  • 継続率約80%!同世代の仲間と学ぶから挫折しない!
  • 大学生向けの安価な料金!
詳しく見る

大学生がプログラミングで稼げる月収の目安は3万~60万円

大学生がプログラミングで稼ぐのは簡単か?

結論から言うと、大学生がプログラミングで稼ぐのは非常に簡単です。

というのも、スキルが求められる稼ぎ方なので、一度知識とスキル習得してしまえば稼ぎ方がたくさんあるからです。いわゆる「資格を持っていればその職につける」というイメージです。

しかし、プログラミングにはプログラマー検定として定義されているものがないため、どの資格をとると良いといったような明確な指標はありません。

その分、実力があればあるほど、需要が高くなる市場なのです。だからといって、大学生に勝ち目がないわけではありません!技術力があれば、大学生でも稼ぐことは可能です。大学生でも稼げるようなやり方を、難易度を交えて紹介します。

どのぐらい稼げるのか?

大学生がプログラミングで稼げる額として、3万円から60万円とピンキリになります。

SNSやブログを見ていると、堅実に一つ一つタスクをこなして3万円自分の力で稼いだ!という人から、実力で大きな案件を引き受けて30万円を報酬として頂いたという方もいます。

しかし、筆者は文系出身なので、この立場から見ると、大学生でプログラミング初心者が稼げるのは10万から20万ほどが現実的な数字になります。(もちろん理系で、研究室でゴリゴリプログラミングをしている人はもっと稼げます。)

参考までにプログラミングの求人サイトを見てみましょう。

プログラミングの求人

一つの案件で大体5万から10万円です。これを月2〜3つこなせば、月収10万ほどになります。

さらに、今の時代プログラミングスキルを持つ人は少ないため、需要が高いこともあり、稼ぐにはもってこいです。

稼げるスキルを身につける難易度はどれくらい?

プログラミングを稼げるレベルに持っていく難易度としては、簿記だと3級~2級、英検2級~準2級ほどの難易度になります。想像以上に簡単です。

しかしこれはあくまで稼げるレベルの話です。ここから、さらにスキルを磨いていくことで、より単価の高い案件が取れます。

ただし、プログラミングの学習はとっつきにくさがあり、学習の初期段階でつまずく可能性もあります。

教えてくれる人がいてくれたほうが遠回りをする可能性は減ります。プログラミングができる友達がいれば最高ですが、聞きづらかったりする場合は、プログラミングスクールに入ることをおすすめします。

大学生がプログラミングで稼ぐための方法

大学生がプログラミングげ稼ぐには、下記の3つの方法があります。

本章ではそれぞれ詳しく解説しますが、先に結論をまとめると、学習量が少なくすぐに稼げるのはプログラミングスクール講師=インターン>クラウドソージングの順です。

しかし、就活で活せる知識をつけるという場合は、インターン>クラウドソージング>プログラミングスクールの講師の順になります。

それに対して、稼げる順で並べると、クラウドソーシング>プログラミングスクールの講師>インターンです。

そのため、下記の基準で稼ぎ方を選ぶのがおすすめです!

コスパ良く楽して稼ぎたいという人就活にも活かせるように稼ぎたい人実力に自信がある人自走力も高い人で、とりあえずたくさん稼ぎたい人
プログラミングスクール講師インターンクラウドソージング

それでは、以下でそれぞれの詳細を解説していきます。

クラウドソーシングで案件を受注する

稼ぎ方

まず最初の稼ぎ方として、クラウドソーシングで企業が発注した案件を検索し、できそうなものに応募することで、案件が獲得できます。大学生が稼げる分野として、Webサイトの制作やLPの制作、デザインなどがおすすめです。

メリット

デメリット

作業ベースのものが多く、人によっては退屈に感じる可能性があります。

人から指示されたものを仕上げに行くため、自分でどのようにしていくべきかという事を考えることが少なくなります。

注意点

クラウドソーシングの詐欺があります。

ネットの匿名性の特徴上、返信が帰ってこなかったり、連絡先だけ聞き出されて音信不通になることがあるので十分に気をつけましょう。

最初はきついです。

なぜなら、バイトと違って教えてくれる先輩がいないためです。慣れれば問題ないですが、最初のうちは大変です。

月収

月3万~30万円が目安になりますが、この点は働ける時間によります。大体月20時間〜40時間働ければ、月5万円は確実に稼げます。

クラウドソーシングのサイト

おすすめのクラウドソーシングのサイトを2つ載せておくので、どれくらい稼げるかの参考にしてみて下さい。

プログラミング講師

プログラミングで稼ぐ方法の2つ目として、プログラミング講師やメンターになることがおすすめです。

2020年から義務教育に組み込まれるため、確実に需要が高くなってきています。

業務内容

やることは、教える対象によって違いますが、必要な知識は基本一緒です。

小中高生などのスクールであれば、プログラミング初心者が多いため、プログラミングの知識や考え方、簡単なアルゴリズム系を教えることが多いです。

逆に大学生・社会人向けのスクールであれば、実際プログラミングのコードを書くことが多く、プロダクト作りの手伝いや、質問対応などをします。

難易度的には、大学生・社会人向けのスクールのほうがより専門的な知識を求められます。

月収

働く場所によって給与が違います。

地元の教室 (グーグル検索)

時給1500~4000円が目安になります。場所や地域によって差がありますが、アルバイトよりはかなり高い金額になっています。

プログラミングの求人
プログラミングの求人
社会人向けプログラミングスクール(TechTeacher)のメンター講師
  1. 時給2,000円~6,000円
  2. 仕事内容:質問対応、受講生サポート(求められるスキルは高め)

メリット

一度講師になることができたら、高い時給をキープできます。

さらに、インプットした知識を人に教えるため、アウトプット場所としては最適です!

デメリット

長期的に見ると、新しいことを学ぶ機会が少ないので自分を成長させることが少し難しいです。

インターン

学生の特権ですが、インターン制度を利用して現場で学びながら稼ぐのもおすすめします。

やり方

下記のような求人で「〇〇(言語名) インターン」などで検索してみましょう

※ おすすめの言語は下で紹介します! 

Wantdlyエンジニアインターン
・ベンチャー企業などの情報が多い
・プログラミングでインターン先絞り込み可能
・エンジニア中心のインターン
・勉強会や特集もあるため、情報集めにGOOD

メリット

デメリット

前述の「クラウドソーシング」や「プログラミング講師」に比べて時給は高くない。

稼ぎやすいプログラミング言語は?

プログラミング言語にも様々な種類があり、稼げる言語があります。価値の高い言語を知っておくのは、稼ぐための近道です。ここでは3つ人気で学びやすいものを紹介します!

Web系

諸説ありますが、大学生が独学もしくはスクールに通って、学べる言語に絞ると稼げる言語はWeb系になります。

クラウドソーシングの案件が多いことが理由です。

最近デジタル化が進んできて、お店の看板ページや組織のページを新しく作ることも増えてきているため、かなり需要が上がってきています。

学ぶ言語で迷っている場合は、基本的にWeb系の言語のなかで選べばOKです。

また、Web系の言語ができるようになると、フロントエンジニアとして就職する道が見えてきます。楽天のエンジニアの募集要項にも、Web系の言語が条件とされています。

Web系の言語として有名なのは、下記の5つです。

習得基準としては、ホームページが一人で作れるのをゴールにするとよいです。そのレベルになれば、案件がもらえます。

Python

PythonはAIを使った機械学習やソフトの開発に使われています。AI分野は確実に爆発的に需要が拡大してく中、供給が追いついていません。そのため、比較的給料は高めです。

また、Pythonは外部が開発したソフトをコードを書く時に使えるので、個人でなにかプログラムを書く時にも役に立ちます。自動化や分析系も得意としているため、その分野に興味がある人には是非チャレンジしてみてほしいです。

メリット:文法が簡単、色んな分野のことが知れる!

pythonは文法が簡単です。そのためコードを書きやすく、他の人のコードも読みやすいです。

外部で開発されているソフトも多いため、今開発してる分野以外のIT知識をつけることもできます。

デメリット:Python単体の案件は少ない!

Pythonは他の言語と比べて実行速度が遅いので、それ単体で使うことが少ない言語です。他の言語の使用経験も求められるため、python単体案件が少ないです。

C++

稼げる言語の3つ目として、C++が挙げられます。

C++言語はC言語の派生で、システム系、Webアプリケーション、IoTなどの組み込みソフトをはじめとした幅広い分野で使われています。

習得は難しいため、短期間では稼げるようにはなれない癖ある言語です。しかし、難易度があるからこそ習得できれば将来的には引く手数多になります。長期的にプログラミングで稼ぎたいと考える人におすすめです。

プログラミングで稼ぐスキルを身につける手順

まず稼げるようになる条件として、Web開発であれば下記のスキルを身につける必要があります。

レベルとしては、まずは簡単なサイトが作れるようになることを目指してみましょう。そのためには、以下の手順がおすすめです。

  1. HTMLとCSSを学ぶ
  2. RubyやPHPなどを用いて構造を作り上げていく
  3. 思ったとおりの場所に、思ったとおりの文字や画像が、思ったとおりのスタイルで配置できるようになるまでコードを組み直す
  4. 以上を繰り返すことでスキルが身につく

例えば、以下のようなサイトのデザインを再現できるようになったら、稼げるスキルが身についたことになります。

uber
airbnb

そのレベルになるまでに必要な時間はだいたい100時間から300時間が目安です!頑張りましょう!今後一生役に立つスキルを身につけましょう。

プログラミングで稼げない大学生にならないための注意点

稼ぐためにこれだけはやめておこうという3つの習慣を教えます。これらは、実用的な知識がつかない習慣なので絶対にやらないようにしましょう。

文法のインプットだけひたすらする

文法書やProgate(プログラミング入門サイト)を繰り返し何周もやることは、良くないです。

英語の文法書を周回する人はいますが、プログラミングはテストではないので、全て暗記していなくても大丈夫です。自分で手を動かして、作ることが大事です。

文法以外の周辺知識、エラーに遭遇することが経験につながるため、手を動かしてコードを書きましょう。文法はあくまで、「この様なものがあるんだな」と存在を知るだけで大丈夫です。

細かいところまできっちり理解しようとする

プログラミングは奥が深いです。なぜ?なんで?を繰り返すと、どんどん沼にはまってしまいます。

完璧主義者が陥りがちなので、細かくて理解できない場所は無理に理解しようとせず妥協することも大事です。

検索しない

プログラミングを学習する上でたくさんわからないことに出会います。高校や中学では先生などに聞けたものも、プログラミングを学習していく中で、質問できる相手はあまりいないです。

しかし、その分ネット上に、公式ドキュメントやQiitaなどのサイトに様々な回答や解決策が載っています。人に聞くよりも、早く、正確な回答が帰ってきます。

さらにIT用語というものは非常に多くて、違う分野の知識も必要になるので調べる習慣がないとすぐに行き詰まります。そのため調べる習慣をつけるようにしましょう!

大学生がプログラミングで稼ぐ:まとめ

プログラミングで稼ぐための概要が見えてきたでしょうか?

大学生がプログラミングで稼ぐのは簡単です。

学問と違い、プログラミングでできることは全てドキュメントにまとまっているため、やる気と続ける力があれば誰にでもプログラミングを習得することができます。

稼ぐためにおすすめな言語はWeb系のHTML、CSS+Rubyでした。

稼ぐレベルまで習得するのには努力が必要ですが、一度習得してしまえばアルバイトよりも高い時給で、実績を積み上げながら稼ぐことができます。コンビニバイトよりも魅力的ですね。

稼ぎ方にもいろいろな種類があるので、学生生活の中でプログラミングで稼ぐという、人とは違うような経験を積み上げていきましょう。

また、

という大学生の方には、大学生限定プログラミングスクールGeekSalonがおすすめです。

同世代の学生同士で、切磋琢磨しながらプログラミングのスキルを習得できる環境が整っています。

費用も他のプログラミングスクールが数十万円かかるところ、GeekSalonなら10万円程度に抑えることができます

興味がある方は↓から詳細ごご覧ください!

大学生限定プログラミングコミュニティGeekSalon

GeekSalon
  • ゼロから3ヶ月でオリジナルアプリを開発!
  • 継続率約80%!同世代の仲間と学ぶから挫折しない!
  • 大学生向けの安価な料金!
詳しく見る

無料説明会を開催しています

GeekSalonの詳細やプログラミング学習、卒業生の進路などを少人数でお話しします。
その他のご質問やご相談もお気軽にお聞きください。